Bonita Cafe and Social Club

Vegan Cafe in Bangkok / Thailand 100 Miles Run Club


Leave a comment

[YouTube] Thailand Ocean To Ocean Race 2016

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-25-4-41-35-pm-png-jpg
[This article is following “my last article.”]
[この記事は、“前回記事”の続きです。]

Thank you very much for reading my last article about this race.
I have got many accesses for the article.
前回、タイ横断レースについて、記事を書きました。
たくさんの閲覧をいただき、ありがとうございました。

And, now, YouTube for this race is ready!
Please click “THIS“!
そのレースのYouTubeビデオを作りました。
コチラ”をクリック願います!

K, Thailand 100 Miles Run Club

 

 

 

 


1 Comment

最上級の褒め言葉 – クレイジーな野郎(The best praising words for me – Crazy Guy)

titlelogo_segoeuisemibold-_new
ROUTE 66 – CRUISING WITH TOSHIに僕自身のことを書いていただきました
I have been featured by ROUTE 66 – CRUISING WITH TOSHI !
(THIS is the article, but, sorry, this is in Japanese language.)

TOSHIさん
TOSHI

日本ルート66協会の会長です。
He is the chairman of Route 66 Association of Japan.

僕も同協会の委員です。
I am also one of the association’s management members.

この記事は、トシさんと僕との出会いについて書かれています。
In this article, TOSHI writes how we started to know each other.

出会いは、アメリカ横断ランニング(2015年)の準備をしていた2014年です。
「アメリカ横断時にルート66全行程を走破したい」という話をトシさんに打ち明けました。
「正気ですか?!」と大きく驚いてくださいました。
一瞬で意気投合し、その後、ルート66全行程走破、アメリカ横断成功後に、
僕を協会委員に抜擢してくださいました。
In 2015, I ran across USA.
One year before, in 2014, I was doing lots of preparation for my USA cross run.
I talked to TOSHI that I would like to run entire Route 66, when crossing USA.
“That is crazy!!!” – That’s what he said to me.
We immediately became friends.
After I had run entire Route 66 and had run across USA, he assigned me as one of the management members of his association.

ロゴ型抜き

今回の記事で、トシさんは、僕のことをこう呼んでくださっています。
In his article, he has called me “a beloved crazy guy.”

“愛すべきクレイジーな野郎”

これは、僕に取っては、最上級の賛辞です。
What an honor.
This is the most praising expression for me.

クレイジー、変わっている、個性的、自分のスタイルがある、、、
“You are crazy!”
“You are different.”
“You have your own style.”

別にそう言われるために、何かをしているのでは無いです。
でも、こういう表現をされると、とてもうれしくなります。
特に、クレイジーな人にこう言われるのが、最高の瞬間です。
These are the best compliments for me.
I am not trying to do something special, because I want to be called “crazy.”
But, these words make me happy.
Especially, when some crazy person give me these words, I feel the happiest.

***

僕が初めてアメリカに触れたのは、10歳前後。
本とテレビで見たアメリカ。
When I was around 10 years old, I first time touched America in books and TV.

印象は、
My impression was…

でかい。
BIG

そして、アホなことをする大人が多い。
And, so many people doing something crazy!

でした。

20歳の時に初めて行ったアメリカ。
確かに、でかく、アホな人が多かった。
When I became 20, I went to America for the first time.
Yes, America was (is) BIG, and I saw(see) many crazy people there.

僕の出身地の大阪も、アホな人をする人が多い土壌。
I am from Osaka, Japan, and there are many crazy people there, too.

ここで言うアホというのは、クレイジーという意味です。

その後、自分も年を重ね、逆に、クレイジーなアメリカ人達に
チラホラと“You are Crazy!”と言われる様になった。
うれしかった。
Gradually, when I have got older, some crazy American people have started to call me crazy.
I am quite honored for that.

そして、今、アメリカをアシで横断して、多くの人達に、CRAZY!と言っていただくようになった。
Then, after completing running across USA, now, many people call me crazy.

それだけでも、アメリカを走って横断してよかったなと思っています。
I am so grateful that I could complete running across USA.

類は友を呼ぶ。
Birds of a feather flock together.

僕のまわり、ランニングクラブ、ヴィーガンカフェで、より多くのクレイジーな人達に会うようになりました。
In my life, in my running club, at my vegan cafe, I have started to meet lots of crazy friends.

この人達に共通しているのは、“若さ(年齢でない)”、“クレイジーさ”、“独自性”と“寛容性(開いている)”、“優しさ”、“明るさ”、“柔らかさ”、そして、“強さ”と“勇気”を持っていることだと思います。
年齢、性別、国籍等は、全く関係ないと思います。
What they have in common are…
“Youngness”(not age)
“Craziness”
“Originality” and “Generosity and openness to others”
“Gentleness”
“Brightness”
“Flexibility”
“Toughness” and “Courage”

Age, gender and nationality are not important.

特に、アメリカの古き良き伝統を残しているルート66では、このような人達をたくさん見ました。
僕がルート66に惹かれるのは、この点も大きいです。
Especially, I have seen lots of these crazy and unique people on Route 66, where they still keep their originality.
That is why I am attracted by Route 66.

0719ca001

この写真は、アメリカ横断成功の1週間後、2015年7月19日に、カリフォルニア州のマンハッタンビーチで、トシさんに実際に初めてお会いした時のものです。(その時の記事は、コチラをクリック下さい)
This is a photo of TOSHI and myself, with my wife.
I could finally met him, at Manhattan Beach, California.
This was one week after I had finished running across USA.
(This is  my article, written about our first meeting.)

次回トシさんにお会いした時に、こう言われるようになっていたいです。
When I meet Toshi-san next time, what I want to hear from him is…

“相変わらず、アホなことしてますね〜”
“K-san, you are still crazy.”

 

 

 

 

 


4 Comments

Run Across Our Thailand, with Our King’s Spirit(タイ国横断ラン – タイ国王を偲んで)

%e3%83%ad%e3%82%b3%e3%82%99%e3%80%80full-moon
This year, again, I have come back to this race, as a solo runner.
This has been my most favorite race in the world, since I first run this race in 2010.
16 beloved friends of mine also joined this race, making two relay teams.
That is Thailand Ocean To Ocean “Full Moon” Race.
今年も、このレースに、ソロランナーとして戻ってきました。
2010年の初参加以来、僕に取ってこの世で一番好きなレースです。
僕の16人の友達も、リレーチームを2つ作り(8人/チーム)、一緒に走りました。
Thailand Ocean To Ocean “Full Moon” Raceです。

***
.
But, this time, there was something very special.
We ran this race, across our Thailand, with the spirit of our King.
We lost our King on October 13, and we are in mourning.
(This art was on our support-car.
And, this has been created by Jane-san, our beloved friend and artist.)
今年は、特別な年でした。
国王を偲び、タイを横断。
10月13日に国王は亡くなり、それ以来僕達は喪に服しています。
(このアートは、サポートカーに貼ったものですが、
アーチストJaneさんの作品です)

***
0
A week before, we, 17 (16+1) runners, joined Kick-Off-Meeting.
We are friends from two running clubs.
– Bangkok Japan Fun Runners Club
– Thailand 100 MIles Run Club
Nonaga-san (center in photo) has been our general manager.
He is one of the fastest and greatest runners and persons in Thailand.
レース前週に、僕達17人(=16+1)が、キックオフミーティングに参加。
僕達は、二つのランニングクラブに所属しています。
– バンコク走遊会
– タイ100マイルランクラブ

***
00
We made our wishes, too.
これが、寄せ書き。

***
rela
At 5pm, on NOV 12 (SAT), at Ranong, Thailand, on Indian Ocean Coast.
30 relay teams started.
Their goal was Lang Suan, Thailand, on Pacific Ocean Coast, 112KM east, crossing Thailand.
11月12日(土)午後5時、タイ、インド洋側Ranong。
リレー、30チームのスタート。
目指すは、112KM離れたタイ太平洋側Lang Suan。

***
relay1
8 runners in one relay team.
We had two relay teams, with 16 runners.
リレーは、1チームに8人。
僕達16人は、2チームを結成。

***
%e5%9c%b0%e5%9b%b3
Each relay runner runs 4KM-10KM at one time.
And, totally, each runner runs four times, over night, on this 112KM super hilly course.
リレーでは、8人各自が、4回ずつ走る。
一回に走る距離は、4KMから11KM。
日の入りから日の出まで、徹夜で112KMの断続的な坂道を8人で駆け抜ける。

***
2stickers
One company supported us, giving us sponsorship.
今回、僕達全員に、あるスポンサーシップをいただきました。

***
%e3%83%ad%e3%82%b3%e3%82%99%e3%80%80prize
PRIZE
Their organic Thai rice snack is really healthy and tasty.
PRIZE has given us energy and happiness.
PRIZE is my most favorite snack in the world!
PRIZEさんのオルガニックタイ米スナックは、僕の一番のお気に入りです。
ちゃんとしたエネルギー補給ができるでなく、身体が喜ぶ感覚が大好きです。

***

Also, PROGEAR has given me sponsorship.
Their excellent eye guard gives me protection and safety for my eyes.
そして、PROGEARさんには、個人的にスポンサーシップをいただきました。
PROGEARさんのアイウェアに、過酷なレース中の天候、衝撃、事故から、目を守っていただいています。

***
k2
I, a solo runner, started at 2pm, on NOV 12 (SAT), three hours earlier than relay teams.
It was VERY hot and humid.
12 people had registered as solo runners.
But, only five of us showed up.
I truly give my respect to those other four solo runner, who were there.
僕自身、ソロランナーは、11月12日(土)の午後2時にスタート。
リレーチームより3時間繰り上げてのスタートです。
ソロ(個人)の部は、12人が申込。
でも、スタートラインに立ったのは、僕を含めて5人。
いろんな調整をしてスタートに立った彼ら4人には心から賞賛です。

***
relay1a
16 friends of mine, two relay teams, kept on running.
They were running with their pride and friendship.
They were running across our Thailand, with our King’s spirit.
リレーチームの16人の友も走り続けていた。
プライドと友情を胸に、リレーバトンを繋ぎ続けた。
16人一丸に成って、国王を想い、タイを横断した。

***
img_4721


***

Relay ends at 101KM point.
Then, all the 240 relay runners, of 30 teams, took a rest.
Now, they were getting ready for 5am start of the last 11KM.
リレーは、一旦、101KM地点でストップ。
最後の区間11KMに備えて、30チーム、240人のリレーランナーが休息を取る。

***
Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE
The last 11KM run. – one of the most beautiful moment in this relay race.
In this last 11KM section, all the eight relay team members run together to the finish line.
To Pacific Ocean.
最後の11KMは、リレーレースのクライマックス。
この区間だけは、一チーム8人が全員一緒に走る。
ゴールの太平洋を目指して。

***






I also could run to Pacific Ocean, at 2:50am, on November 13 (SUN).
112KM in 12 hours and 42 minutes.
I am quite satisfied with this result.
This is one of my most perfect races in my life.
僕自身も、11月13日(土)午前2時50分に、太平洋に到着。
タイムは、12時間44分。
この結果には、本当に満足しています。
過去のレース歴の中で、最もきれいに走れたレースの一つに成りました。
img-desc-11-18-2016-7-16-19-am-2

Last time, I ran this course, with the same condition, with 14 hours and 33 minutes.
I thought that was the best I could do.
But, this time, I have improved almost two hours.
This year, also, I just stopped only one time, for 20 seconds, at 90KM point.
I have improved myself a lot.
NATURAL RUNNING” truly works.
前回このコースを、ほぼ同条件で走った時には、14時間33分。
それが自分に取っては、ほぼベストの状態とタイムと思っていました。
でも、今回、約2時間も改善。
それに、今年は、止まったのは、唯一90KM地点での20秒間のストップだけ。
大きくパフォーマンスを改善出来たと思います。
今取り組んでいる”ナチュラルラン“の威力は絶大です。

I really apprecaite;
*16 wonderful friends of mine, giving me energy on the road
*Great race director, Dr. Auchai, and his great team, araranging this perfect race
*Isuzu and their company staffs, escorting and supporting me all the time on the road
*Two relay teams’ drivers, performing professionally
*My great coach, Nonaga-san, helping me to improve my performance
*My two other great coaches, Yoshino-san and Takaoka-san, guiding me all the time
*Two sponsorship partners, PRIZE and PROGEAR, joining us with their excellent products
*My wife and our staffs, managing our vegan cafe, while I was on the road
これは、皆さんのおかげです。
*112KMずっと声援を送ってくれた16人のリレーメンバー
*また素晴らしいレースをアレンジした尊敬するレースダイレクターAuchaiさんとチーム
*レース中ずっとエスコートとサポートをしてくれたISUZUさんの車とスタッフ
*リレーチームをずっと守り続けてくれたサポートカーの運転手さん達
*今年になり親身になってパフォーマンス向上の指導をいただいている野永コーチ
*ずっと指導をくださっている吉野剛コーチ高岡尚司コーチ
*僕の大好きな製品を通じて今回参加してくれたPRIZEとPROGEAR
*留守中、店を守ってくれた奥さんとスタッフのみんな

I will keep on improving myself.
Next time, I want to run barefoot.
And, I want to run this race, with my running partner again.
更に、精進し続けます。
来年は、裸足で完走します。
そして、僕のランニングパートナーとペアランをまたやりたいです。

***

***

I am sure I will run this race, as a solo runner, again.
I am sure we, all friends, will come back to this place again.
来年もきっと僕はこのレースを走っている。
きっと多くの友達とこの場所に戻って来る。

For our YouTube, please click “THIS“!
レースのYouTubeは、“コチラ”をクリック下さい!


2 Comments

We have many more VIBRAM FIVEFINGER MINIMALIST SHOES!!!

img_4229
Many more pairs of VIBRAM FIVEFINGER MINIMALIST SHOES have just arrived!!!
たくさんのビブラムファイブフィンガーシューズが入荷されました!

We are selling VIBRAM FIVEFINGERS, at very low price, with the best advice, knowledge and experience in Thailand.
私達の店では、このシューズを、安く、そして、最も的確なアドバイスと共に販売しています。

I was wearing VIBRAM FIVEFINGERS, when I was running across USA, too.
僕はアメリカ横断ランの時に、このシューズを履いて走りました。

I do love and know these minimalist shoes.
僕はこのシューズが大好きで、熟知しています。

Come and try these most comfortable and natural shoes in the world!
世界最高のミニマリストシューズ、是非お試しください!

DCIM102GOPRO

2015 APR 29, California, Route 66

0502ca08005

2015 May 2, Arizona, Route 66

0511nm17003

2015 MAY 11, New Mexico, Route 66


3 Comments

New Monthly Column for Route 66 Association of Japan(日本ルート66協会での新連載)

0430ca06019-run-route-66

California, 2015 APR 30 (photo by M.A.S.A.) 

It is truly an honor!!!
光栄です。

I have started to write my monthly column for Route 66 Association of Japan.
日本ルート66協会のウェブサイトで、月次連載を始めさせていただきます。

Starting from this month, November, 2016, once a month, for one year, I will publish my article.
今月11月から、毎月一回、1年間に渡り、連載を書いて行きます。

It is about my/our USA cross run, which I/we made in 2015.
When I was running across USA, I ran entire Route 66.
内容は、昨年2015年にしましたアメリカ横断ランニングです。
アメリカ横断時に、僕は、ルート66の全行程を走りました。

Many of my friends will be in this article, too.
数多くの友人も、この連載に登場する予定です。

Hope you will like it!

For reading the column, please click THIS.
では、11月分は、こちらをクリック願います。

K, a management member of Route 66 Association of Japan
K(日本ルート66協会委員

 


2 Comments

One month has passed, since we lost our King.

aw-our king
One month has passed, since we lost our King.
タイ国王崩御から1ヶ月が経ちました。

In the past one month, we were in mourning.
この1ヶ月間、喪に服していました。

Still we are filled with sad and empty feeling, and we will keep on being in mourning at least coming one year.
悲しみと空虚感にまだ覆われています。
少なくとも今後1年間、引き続き喪に服して行きます。

Gradually, we are restarting posting in this website, too.
このウェブでも、徐々に、投稿を再開してきます。

We will keep on going with the spirit of our King.
国王の意志、想いと共に、進み続けます。

P.S.
This art is by our favorite artist, Jane-san.
She is the one, who has been painting our cafe’s new building, with her art partner, Nut-san.
Please visit us to enjoy their beautiful cafe art, too.
このアートは、僕達のお気に入りのアーチストのJaneさんの作品です。
僕達の新しいカフェのペイントは、彼女とアートパートナーのNutさんによるものです。
是非、カフェアートを見にきてください。