Bonita Cafe and Social Club

Vegan Cafe in Bangkok / Thailand 100 Miles Run Club


6 Comments

We have started Natural Runners Camp Resort.(ナチュラルランナーズ・キャンプリゾートを始めました)

15942067_1342965212440739_1337516541_n-2
Finally, we have started having our own runners camp resort!!!
It is at Big Sheep, Sai Yok, Kanchanaburi, Thailand!!!
ついに、ナチュラルランナーズ合宿所を開設しました!
場所は、カンチャナブリ県のサイヨークです。

On JAN 7 (SAT) and 8 (SUN), we coordinated our first natural running camp.
We arranged the opening ceremony, too.
11 beloved friends of ours were there with us to join this.
1月7日(土)、8日(日)に、開所式と初合宿を行いました。
11人の親友達が集まってくれました。

Day 1 : Morning
We enjoyed running around our quiet natural neighbor.
(It is totally different from the noisy busy Kanchanaburi city center.)
1日目:朝
先ずは、合宿所付近を散策ジョグ。
騒々しいカンチャナブリ市内より北西に50KM。
静かな田舎で、自然そのものです。


Day 1 : Afternoon
We enjoyed running 10KM hill.
1日目:午後
10KMの上り下りラン


And, we took a rest.
Natural wooden house is so comfortable.
そして、自然の木造キャビンで休憩。
b1

We enjoyed dinner, beer, cool fresh air, shining stars, talk, friendship…
おいしい夕食とお酒、フレッシュな空気、瞬く星、楽しい話、友情、、、

And, this time, we arranged farewell gathering for our Head Coach, Nonaga-san, too.
そして、今回は、クラブのヘッドコーチ野永さんの送別合宿でもありました。

Day 2 : Early morning
We have served simple, but natural and nutritious vegan breakfast.
We enjoyed slow food, watching the Kwai RIver’s slow flow and birds’ singing.
2日目:早朝
シンプルだけど美味しくて栄養価の高い朝食。
クウェー川のゆったりとした流れを見ながらのみんなでの朝食は最高です。


Day 2 : Morning
Train running in Saiyok National Park!
2日目:朝
サイヨーク国立公園で、トレールラン!

Having our camp resort to support runners has been our dream for many years.
ランナーズ合宿所を持つことは僕たちの長年の夢でした。

We truly appreciate;
*Mr. Kulsak, the owner of BIG SHEEP, who has given the biggest support to us.
*Mr. Thomas, who has been encouraging us always in so many ways.
*PRIZE, the healthy rice snack, which has given the kindest sponsorship for this event.
*All of our lovely friends, family, staffs, who have been working with us hard and giving encouragement to us.
次の皆さんに感謝です。
*強大なサポートを下さるBIG SHEEPオーナーのMr. Kulsak
*様々な方法で僕達をいつも強く励ましてくれるMr. Thomas
*今回のイベントに際しスポンサーシップをくださったPRIZE
*合宿所設営にあたり必死に努力してくれ、励ましてくれた友達、家族、スタッフ

We have just made our first step.
There are so many points we need to improve.
We will keep on going.
とにかく、皆さんのおかげで、一歩を踏み出しました。
まだまだ改善点だらけですが、前へ進んで行きます。

If you are interested, please contact us at bonita.c.sc@gmail.com
ご興味の方は、是非ご連絡ください。bonita.c.sc@gmail.com
15970170_1344781905592403_1769472223_n

Advertisements


4 Comments

THIS DREAM IS COMING TRUE. – Natural Runners Camp Resort

natural-run-camp-resort-20170107

FINALLY, THIS DREAM IS COMING TRUE…
ついに、この想い描いてきたことが実現、、、

We, Thailand 100 Miles Run Club, will start setting up our Natural Run Camp Resort, at BIG SHEEP, Kanchanaburi, Thailand.
タイ100マイルランクラブの合宿所を設立します。
ナチュラルランナーズ・キャンプリゾート
場所は、カンチャナブリのBIG SHEEPです。

On JAN 7 (SAT) and 8 (SUN), we will have opening ceremony and first camp.
Ten running friends will join this first camp and .
1月7日(土)、8日(日)に開所式と初キャンプ。
10人のラン友が参加してくれます。

This is a new big step to our future of our Thailand 100 Miles Run Club.
タイ100マイルランクラブに取っての大きな一歩です。

Having our camp resort to support runners has been our dream for many years.
ランナーズ合宿所を持つことは僕たちの長年の夢でした。

We truly appreciate;
*Mr. Kulsak, the owner of BIG SHEEP, who has given the biggest support to us.
*Mr. Thomas, who has been encouraging us always in so many ways.
*All of our lovely friends, family, staffs, who have been working with us hard and giving encouragement to us.
次の皆さんに感謝です。
*強大なサポートを下さるBIG SHEEPオーナーのMr. Kulsak
*様々な方法で僕達をいつも強く励ましてくれるMr. Thomas
*合宿所設営にあたり必死に努力してくれ、励ましてくれた友達、家族、スタッフ

P.S.
Our vegan cafe, BONITA, in Bangkok, will be CLOSED BE CLOSED ON JAN 7 (SAT) and 8 (SUN).
バンコクのヴィーガンカフェのボニータは、1月7日(土)、8日(日)はお休みを頂きます。

Bonita Cafe and Social Club
a pure vegan cafe, in Bangkok, Thailand
a home of Thailand 100 Miles Run Club
a member of Route 66 Chamber of Commerce, in Missouri, USA


1 Comment

最上級の褒め言葉 – クレイジーな野郎(The best praising words for me – Crazy Guy)

titlelogo_segoeuisemibold-_new
ROUTE 66 – CRUISING WITH TOSHIに僕自身のことを書いていただきました
I have been featured by ROUTE 66 – CRUISING WITH TOSHI !
(THIS is the article, but, sorry, this is in Japanese language.)

TOSHIさん
TOSHI

日本ルート66協会の会長です。
He is the chairman of Route 66 Association of Japan.

僕も同協会の委員です。
I am also one of the association’s management members.

この記事は、トシさんと僕との出会いについて書かれています。
In this article, TOSHI writes how we started to know each other.

出会いは、アメリカ横断ランニング(2015年)の準備をしていた2014年です。
「アメリカ横断時にルート66全行程を走破したい」という話をトシさんに打ち明けました。
「正気ですか?!」と大きく驚いてくださいました。
一瞬で意気投合し、その後、ルート66全行程走破、アメリカ横断成功後に、
僕を協会委員に抜擢してくださいました。
In 2015, I ran across USA.
One year before, in 2014, I was doing lots of preparation for my USA cross run.
I talked to TOSHI that I would like to run entire Route 66, when crossing USA.
“That is crazy!!!” – That’s what he said to me.
We immediately became friends.
After I had run entire Route 66 and had run across USA, he assigned me as one of the management members of his association.

ロゴ型抜き

今回の記事で、トシさんは、僕のことをこう呼んでくださっています。
In his article, he has called me “a beloved crazy guy.”

“愛すべきクレイジーな野郎”

これは、僕に取っては、最上級の賛辞です。
What an honor.
This is the most praising expression for me.

クレイジー、変わっている、個性的、自分のスタイルがある、、、
“You are crazy!”
“You are different.”
“You have your own style.”

別にそう言われるために、何かをしているのでは無いです。
でも、こういう表現をされると、とてもうれしくなります。
特に、クレイジーな人にこう言われるのが、最高の瞬間です。
These are the best compliments for me.
I am not trying to do something special, because I want to be called “crazy.”
But, these words make me happy.
Especially, when some crazy person give me these words, I feel the happiest.

***

僕が初めてアメリカに触れたのは、10歳前後。
本とテレビで見たアメリカ。
When I was around 10 years old, I first time touched America in books and TV.

印象は、
My impression was…

でかい。
BIG

そして、アホなことをする大人が多い。
And, so many people doing something crazy!

でした。

20歳の時に初めて行ったアメリカ。
確かに、でかく、アホな人が多かった。
When I became 20, I went to America for the first time.
Yes, America was (is) BIG, and I saw(see) many crazy people there.

僕の出身地の大阪も、アホな人をする人が多い土壌。
I am from Osaka, Japan, and there are many crazy people there, too.

ここで言うアホというのは、クレイジーという意味です。

その後、自分も年を重ね、逆に、クレイジーなアメリカ人達に
チラホラと“You are Crazy!”と言われる様になった。
うれしかった。
Gradually, when I have got older, some crazy American people have started to call me crazy.
I am quite honored for that.

そして、今、アメリカをアシで横断して、多くの人達に、CRAZY!と言っていただくようになった。
Then, after completing running across USA, now, many people call me crazy.

それだけでも、アメリカを走って横断してよかったなと思っています。
I am so grateful that I could complete running across USA.

類は友を呼ぶ。
Birds of a feather flock together.

僕のまわり、ランニングクラブ、ヴィーガンカフェで、より多くのクレイジーな人達に会うようになりました。
In my life, in my running club, at my vegan cafe, I have started to meet lots of crazy friends.

この人達に共通しているのは、“若さ(年齢でない)”、“クレイジーさ”、“独自性”と“寛容性(開いている)”、“優しさ”、“明るさ”、“柔らかさ”、そして、“強さ”と“勇気”を持っていることだと思います。
年齢、性別、国籍等は、全く関係ないと思います。
What they have in common are…
“Youngness”(not age)
“Craziness”
“Originality” and “Generosity and openness to others”
“Gentleness”
“Brightness”
“Flexibility”
“Toughness” and “Courage”

Age, gender and nationality are not important.

特に、アメリカの古き良き伝統を残しているルート66では、このような人達をたくさん見ました。
僕がルート66に惹かれるのは、この点も大きいです。
Especially, I have seen lots of these crazy and unique people on Route 66, where they still keep their originality.
That is why I am attracted by Route 66.

0719ca001

この写真は、アメリカ横断成功の1週間後、2015年7月19日に、カリフォルニア州のマンハッタンビーチで、トシさんに実際に初めてお会いした時のものです。(その時の記事は、コチラをクリック下さい)
This is a photo of TOSHI and myself, with my wife.
I could finally met him, at Manhattan Beach, California.
This was one week after I had finished running across USA.
(This is  my article, written about our first meeting.)

次回トシさんにお会いした時に、こう言われるようになっていたいです。
When I meet Toshi-san next time, what I want to hear from him is…

“相変わらず、アホなことしてますね〜”
“K-san, you are still crazy.”

 

 

 

 

 


Leave a comment

8 months later, soul talk again

For 8 months, I have been waiting for this chance meet her.
この8ヶ月、この機会を心待ちにしていました。

Finally, I could meet her.
やっと、彼女に会えました。

For two hours, I enjoyed our soul talk.
2時間、タップリと、ソールトークを楽しみました。

I have already started to miss her.
まだ話し足りない。

Next time, in the next year, I will visit her in Bali.
次回は、来年、彼女に会いにバリに行きます。

(“This Article” is our last soul talk eight months ago.)
(“こちら“が僕らの8ヶ月前の記事です)

IMG_3275


4 Comments

Documentary Film (ドキュメンタリー映画)

April 23 (SAT) afternoon, I was in my hotel room, in Kuala Lumpur, making last preparation for my running session in Malaysia.
4月23日(土)の午後、僕は、クアラルンプールのホテルの部屋で、明日に控えたマレーシアでのランニングセッションの最終準備に集中していました。

An email came in, from three students.
They are art students of Rangsit University, in Thailand, making documentary films.
Fon-san, Farn-san and Nut-san
そこに、3人の学生さんからのメールが飛び込んできました。
タイのランシット大学でアートを専攻し、ドキュメンタリー映画を製作している学生。
フォンさん、ファンさん、ナットさん
1
They say they have found me in internet world.
They have read lots of my articles.
It is really an honor.
僕のことを、インターネットの世界で見つけて下さりました。
僕が過去書いてきた記事をたくさん読んで頂いたとのこと。
非常に光栄です。

They say they want to make a documentary film of me…
僕のドキュメンタリー映画を作成したいとのこと、、、

2
April 28 (THU), afternoon, at my vegan cafe, four of us met.

We started to talk, gradually, slowly, deeply, carefully, to understand each other.

In this first session, we talked for three hours, about our life.

From now on, we will keep on talking.

They will dig out what I have inside of me.

4月28日(木)午後、僕達は対面しました。

お互いをよく理解するために、ゆっくり、徐々に話を始めました。

この初回は、3時間かけて、“生きる”について話をしました。

今後、更に深く、高く、広く話をします。

僕の中にあるものを、彼らがえぐり出して行きます。

P.S.
These are the examples of their art.
これらが、彼らの過去の作品です。
Music Video : https://www.youtube.com/watch?v=Zm9xaGx9db4
Short Film : https://www.youtube.com/watch?v=HfiALzkrmxA


Leave a comment

Natural Run Session, by Thailand 100 Miles Run Club

IMG_8119

Now, we, Thailand 100 Miles Run Club, have 7 new members!
タイ100マイルランクラブに新たな7人のメンバーが加わりました!

Yesterday, APR16(SAT), we did Natural Run Session.
昨日、4月16日(土)、ナチュラルランセッションをしました。

I am really happy that all of our 7 new friends have enjoyed natural run experience.
7人全員にナチュラルランの魅力を体験してもらうことができました。

***

Mam-san (third left in the photo) and her husband, Chok-san (fourth left), have started running.
Mamさん(写真:左から3番目)とご主人のChokさん(左から4番目)は、ランニングを始められました。

They have been looking for a way to run sustainably/smartly/happily.
And, they have found Thailand 100 Miles Run Club.
お二人は、効率良く、安全に、楽しく走る方法が無いものかと模索されていました。
そして、タイ100マイルランクラブを見つけられました。

When I read their email for the first time, I could feel their passion.
最初の入会依頼のメールを頂いた時に、強い想いを感じました。

Then, on APR 12 (TUE), Mam-san and Chok-san did their first Natural Run Session with me.
They have loved the concept, and now they are running really smoothly.
そして、MamさんとChokさんと3人で最初のナチュラルランセッションをしました。
とても気に入って下さり、すぐに軽く走れるようになられました。

Mam-san and Chok-san are preparing for their first full marathon, Sukhothai Marathon, on June 26 (SUN), 2016.
And, I have started to support them.
お二人は初マラソンに向けて、準備を開始されました。
今年6月26日(日)のスコタイマラソンです。
お二人のコーチングを引き受けさせて頂きました。

***

What I am really happy about Mam-san and Chok-san is that they have shared their Natural Run experience with their friends/relatives/family.
MamさんとChokさんに関して、それ以上にうれしいのは、お二人が、個人的なランニングの上達だけでなく、ちゃんと仲間にもナチュラルランの魅力をシェアされている点です。

I really admire them.
非常に偉いと思います。

***

On May 7 (SAT), from 6:30am to 8:30am, we will do Natural Run Session again.
5月7日(土)6時30分から、またナチュラルランセッションをします。

If you are interested, please join us, and send email to bonita.c.sc@gmail.com 
ご興味ありましたら、是非、bonita.c.sc@gmail.comまでメールを下さい。

***

“If you want to run fast, go alone. If you want to go far, go together.”

logo-st1

 

 


Leave a comment

[SHARE!] ROLL ACROSS CHINA, by WHEELCHAIR (シェアです!中国縦断!それも車椅子で!)

This article is following my LAST ARTICLE.
この記事は、僕の前回記事の続きです。

Let me share this CNN’s report.
あるCNNのレポートをシェアさせて下さい。

Ryo, my nephew, age 19, is also using wheelchair in his life.
Ryo will roll across Australia.
I will pace him, with running.
This is our dream.
僕の甥っ子のリョウも、19年間、車椅子を使用しています。
リョウは車椅子でオーストラリアを横断する。
その横を僕はランニングで走る。
これが、僕達二人の夢です。

Also, I was living in China and Hong Kong for eight years.
Hong Kong and China is another home of mine, too.
I have lots of lovely best friends there.
そして、僕も、以前中国/香港に8年間住んでいました。
香港/中国は、僕のもう一つの家です。
数多くの親友が住んでいる場所です。

Dear my lovely friends in China and Hong Kong, if you are reading this, let’s support him.
I want to see this Mr. Quan in Hainan Island, and want to run the last part with him.
香港/中国の友達へ!もしこれを読んでいたら、この人をサポートしましょう!
このクワンさんに会いたい。彼のゴールの海南島に行って、最後を一緒に走りたい!

I am really encouraged and inspired by this Mr. Quan.
Now, thanks to him, I know I have been living and been spoiled in easy world.
Now, I feel shame on myself, too.
When I was running across USA, I asked for donation, but this guy does not.
このクワンさんに、心底教えてもらいました。

彼のおかげで、僕がいかにぬるま湯で、安易な世界にいるのかを、思い知らされました。
自分のことが恥ずかしいです。
自分はアメリカ横断時、お金を下さいって言っていた。
でも、このクワンさんは、そう言わない。

Reading and translation this CNN’s report, tears came out many times. 
このCNNのレポートを翻訳して、何度も涙が出ました。

To read this CNN’s report in  English, simply click “THIS“.
(The below part is my Japanese translation of this CNN’s report.)
このCNNレポートの英語原文は、“こちら”です。
僕の日本語訳は、下記です。

===============================

CNN(北京)2016年3月17日
ある障害者の壮大な挑戦 − 車椅子中国縦断

29歳の下半身対麻痺の中国人男性が中国を縦断中(5,670KM)。
それも、車椅子で。

1

中国西部の甘粛省出身のQuan Pengは、2014年8月に北京をスタート。
現在まで5つの州43都市を車椅子で走ってきた。
今後6ヶ月で、中国の南端を目指す。
海南省三亜。彼の目的地だ。

「この壮大な挑戦のゴールは?」

「障害者が普通の人達と同じように扱ってもらえるような世界をつくることです」

「これは、闘争です。自分の障害/困難と闘っているだけではありません。僕は、差別と闘っています」

Quanは潤沢な資金を持っているわけでない。ここまで独りで車椅子を押してきた。太くなった太腿がそれを物語っている。

寝るのは、テント。
テントが張れない時には、病院、銀行、公衆トイレ等、雨よけになる場所を確保して、車椅子に座ったまま寝る。
雨が強い時には、傘をさして寝る。

数回だけ、ホテルに泊まろうとしたことがあった。

でも、断られた。

「多くのレストランでも、夜間に車椅子を停めて車椅子で寝る場所の提供を断られた。僕のことを乞食と思ったから。ホテルに行くと、言われた。“満室だ”って」

スライド1

這う

中国には8千5百万人の障害者がいると言われている。(中国障害者協会調べ)

国としても、北京等の大都市では、車椅子がアクセスしやすい環境や、障害者が使い易いような公衆トイレの整備に力を入れているが、障壁は高く、多くの障害者が職場や学校で差別を受けている。

2

Quanは2013年に北京に移り、カスタマーサービスの仕事に就いた。

1年後、仕事を辞め、この車椅子での中国横断を始めた。
各都市で、障害者施設も見てきた。博物館も訪問し、違う場所のことを勉強してきた。

元々、9ヶ月で横断できると目論んでいた。
しかし、566日を経過した今、全部で2年以上かかると彼は考えている。

「僕が言う障害との闘いとは、2つの側面があります。一つは、内的な面で、自分自身の身体能力や体調との闘い。そして、もう一つは、外的な面。存在する様々なバリヤーとの闘いです」

7

泰山
山東省にある世界遺産の山岳地域

最大の難所だった。

しかし、彼は、誰にも車椅子を押して下さいとは言わなかった。

彼は、這った。

這うようにして、頂上を目指した。

そして、泰山の頂上を極めた。

「もう僕はどこにでも行ける。泰山の頂上に辿り着いた時に、そう思った。もう僕に心理的なバリヤーは無い」

それでも、“屈辱”の音は止まない。

「8千万人もの身体に不自由の持った人間を這わせる国がどこにあるんだ?」

160316102221-china-wheelchair-trip-8-exlarge-169
Quanは、北京から福州まで自分で車椅子を押してきた。その結果が筋肉にも現れている。

壮大な車椅子での中国縦断

Quanは、以前、8年間自宅で引きこもっていた。
しかし、車椅子での中国縦断を通じて、車椅子使用者が全国どこでも動き易くなれるよう訴えて行くことに動き出した。

これまでいろんな都市を通ってきたが、障害者が快適に動ける場所は、ゼロだと言う。
障害者用公衆トイレのほとんども、車椅子を利用して使用することは不可能だったと言う。
それどころか、障害者用公衆トイレの多くは、カギが閉まっていたと言う。

比較的障害者フレンドリーと言われている北京や上海といった大都市でさえ、Quanはバスにも乗れないと言う。

3

彼は、独りでこの旅をしている。

資金サポート、寄付も、全部お断りしているという。

自力でやってみたいのだと。

6

僕達は、仕事だってできる。

僕達は、何か価値を生むことだってできる。

僕達は、一日中ベッドに寝ているような役立たずじゃない。

どこまでできるか分からないけど、メッセージを発信し続けたい。

5