Bonita Cafe and Social Club

Vegan Cafe in Bangkok / Thailand 100 Miles Run Club


4 Comments

KRUNGTHEP MAGAZINE / นิตยสาร กรุงเทพ / クルンテープ誌 (USA CROSS RUN)

クルンテープ誌(タイ国日本人会発行)に、アメリカ横断について寄稿させて頂きました。
日本人会事務局の皆様には、非常に良くして頂き、感謝が尽きません。
この機会を頂きまして、本当にありがとうございました。
I have written an article about my USA cross run for KRUNGTHEP MAGAZINE. (issued by Japanese Association in Thailand)
I have got so much encouragement and support from the Association’s team members.
It is really an honor to have this chance. Thank you very much.
For English translation, please click “THIS.”
ผมได้เขียนบทความเกี่ยวกับการวิ่งข้ามอเมริกาลงในนิตยสาร กรุงเทพ (พิมพ์โดย สมาคมชาวญี่ปุ่นแห่งประเทศไทย)
รู้สึกเป็นเกีจรติอย่างสูงที่ได้รับโอกาสนี้สำหรับฉบับแปลเป็นภาษาไทย สามารถ คลิก”ที่นี้“ครับ
(I appreciate Rangsarn-san and Berry-san for Thai translation support, with their friendship, passion and love.)
Krungtep Magazine Cover

スライド1
スライド2
スライド3
出典:タイ国日本人会 会報誌 クルンテープより

 

Advertisements


Leave a comment

[SHARE!] ROLL ACROSS CHINA, by WHEELCHAIR (シェアです!中国縦断!それも車椅子で!)

This article is following my LAST ARTICLE.
この記事は、僕の前回記事の続きです。

Let me share this CNN’s report.
あるCNNのレポートをシェアさせて下さい。

Ryo, my nephew, age 19, is also using wheelchair in his life.
Ryo will roll across Australia.
I will pace him, with running.
This is our dream.
僕の甥っ子のリョウも、19年間、車椅子を使用しています。
リョウは車椅子でオーストラリアを横断する。
その横を僕はランニングで走る。
これが、僕達二人の夢です。

Also, I was living in China and Hong Kong for eight years.
Hong Kong and China is another home of mine, too.
I have lots of lovely best friends there.
そして、僕も、以前中国/香港に8年間住んでいました。
香港/中国は、僕のもう一つの家です。
数多くの親友が住んでいる場所です。

Dear my lovely friends in China and Hong Kong, if you are reading this, let’s support him.
I want to see this Mr. Quan in Hainan Island, and want to run the last part with him.
香港/中国の友達へ!もしこれを読んでいたら、この人をサポートしましょう!
このクワンさんに会いたい。彼のゴールの海南島に行って、最後を一緒に走りたい!

I am really encouraged and inspired by this Mr. Quan.
Now, thanks to him, I know I have been living and been spoiled in easy world.
Now, I feel shame on myself, too.
When I was running across USA, I asked for donation, but this guy does not.
このクワンさんに、心底教えてもらいました。

彼のおかげで、僕がいかにぬるま湯で、安易な世界にいるのかを、思い知らされました。
自分のことが恥ずかしいです。
自分はアメリカ横断時、お金を下さいって言っていた。
でも、このクワンさんは、そう言わない。

Reading and translation this CNN’s report, tears came out many times. 
このCNNのレポートを翻訳して、何度も涙が出ました。

To read this CNN’s report in  English, simply click “THIS“.
(The below part is my Japanese translation of this CNN’s report.)
このCNNレポートの英語原文は、“こちら”です。
僕の日本語訳は、下記です。

===============================

CNN(北京)2016年3月17日
ある障害者の壮大な挑戦 − 車椅子中国縦断

29歳の下半身対麻痺の中国人男性が中国を縦断中(5,670KM)。
それも、車椅子で。

1

中国西部の甘粛省出身のQuan Pengは、2014年8月に北京をスタート。
現在まで5つの州43都市を車椅子で走ってきた。
今後6ヶ月で、中国の南端を目指す。
海南省三亜。彼の目的地だ。

「この壮大な挑戦のゴールは?」

「障害者が普通の人達と同じように扱ってもらえるような世界をつくることです」

「これは、闘争です。自分の障害/困難と闘っているだけではありません。僕は、差別と闘っています」

Quanは潤沢な資金を持っているわけでない。ここまで独りで車椅子を押してきた。太くなった太腿がそれを物語っている。

寝るのは、テント。
テントが張れない時には、病院、銀行、公衆トイレ等、雨よけになる場所を確保して、車椅子に座ったまま寝る。
雨が強い時には、傘をさして寝る。

数回だけ、ホテルに泊まろうとしたことがあった。

でも、断られた。

「多くのレストランでも、夜間に車椅子を停めて車椅子で寝る場所の提供を断られた。僕のことを乞食と思ったから。ホテルに行くと、言われた。“満室だ”って」

スライド1

這う

中国には8千5百万人の障害者がいると言われている。(中国障害者協会調べ)

国としても、北京等の大都市では、車椅子がアクセスしやすい環境や、障害者が使い易いような公衆トイレの整備に力を入れているが、障壁は高く、多くの障害者が職場や学校で差別を受けている。

2

Quanは2013年に北京に移り、カスタマーサービスの仕事に就いた。

1年後、仕事を辞め、この車椅子での中国横断を始めた。
各都市で、障害者施設も見てきた。博物館も訪問し、違う場所のことを勉強してきた。

元々、9ヶ月で横断できると目論んでいた。
しかし、566日を経過した今、全部で2年以上かかると彼は考えている。

「僕が言う障害との闘いとは、2つの側面があります。一つは、内的な面で、自分自身の身体能力や体調との闘い。そして、もう一つは、外的な面。存在する様々なバリヤーとの闘いです」

7

泰山
山東省にある世界遺産の山岳地域

最大の難所だった。

しかし、彼は、誰にも車椅子を押して下さいとは言わなかった。

彼は、這った。

這うようにして、頂上を目指した。

そして、泰山の頂上を極めた。

「もう僕はどこにでも行ける。泰山の頂上に辿り着いた時に、そう思った。もう僕に心理的なバリヤーは無い」

それでも、“屈辱”の音は止まない。

「8千万人もの身体に不自由の持った人間を這わせる国がどこにあるんだ?」

160316102221-china-wheelchair-trip-8-exlarge-169
Quanは、北京から福州まで自分で車椅子を押してきた。その結果が筋肉にも現れている。

壮大な車椅子での中国縦断

Quanは、以前、8年間自宅で引きこもっていた。
しかし、車椅子での中国縦断を通じて、車椅子使用者が全国どこでも動き易くなれるよう訴えて行くことに動き出した。

これまでいろんな都市を通ってきたが、障害者が快適に動ける場所は、ゼロだと言う。
障害者用公衆トイレのほとんども、車椅子を利用して使用することは不可能だったと言う。
それどころか、障害者用公衆トイレの多くは、カギが閉まっていたと言う。

比較的障害者フレンドリーと言われている北京や上海といった大都市でさえ、Quanはバスにも乗れないと言う。

3

彼は、独りでこの旅をしている。

資金サポート、寄付も、全部お断りしているという。

自力でやってみたいのだと。

6

僕達は、仕事だってできる。

僕達は、何か価値を生むことだってできる。

僕達は、一日中ベッドに寝ているような役立たずじゃない。

どこまでできるか分からないけど、メッセージを発信し続けたい。

5


3 Comments

朝から泣いてもうた – “心想事成”(A beautiful morning, tears are coming out. – “If we wish, we can make anything.”)

ヒトの“想い”。
Our human beings’ “wish/will.”

この“想い”があれば、僕達ヒトは何でもできる。
With “wish/will,” we, human beings, can do anything.

今、あることを、ある仲間と計画しています。
Now, I am planning something challenging/huge/epic with my friend.

今朝、その計画を後押ししてくれるような記事を読みました。
ある中国の方の記事です。
This morning, I just read an article about a Chinese man.

この中国の方から元気をもらいました。
I have got so much energy/encouragement from this Chinese gentleman.

自分がなんて生温く、言い訳ばっかり考えているのかを、思い知らされました。
He has helped me to know what I am doing is just nothing and that I am trying to find just excuses.

やはり僕達ヒトの“想い”はすごい。
What our “wish/will” can do is unlimited.

感動で、朝から泣いてしまいました。
ありがとう。
この中国の方に感謝です。
I am touched.
Tears came out from early morning.
I thank this Chinese gentleman.

“心想事成”
心に想えば、事は成る。
僕の最も好きな中国の言葉です。

“心想事成” – “If we wish, we can make anything.”
This is my most favorite Chinese saying.

(その中国の方の記事は、後ほどシェアさせて下さい))
(Let me share that article of this Chinese gentleman later.)

download


2 Comments

世界の福本豊さん (Fukumoto Yutaka-san, World’s Top Baseball Player and Runner)

b
今回日本で、偶然ですが、福本豊さんにお会いすることができました。
This time, in Japan, I met Fukumoto Yutaka-san, by chance.

あ〜、ビックリした。
良い意味でですが、心身ともにシャキッと引き締まりました。
Ah…. This was really a big surprise, and I have got huge inspiration.

しかし、この少年のような笑顔。
格好いいし、人を幸せにする。
Well… Look at his wonderful smile.

世界の福本さん
World’s top baseball player

盗塁王
King of stealing bases

1983年に、939盗塁をマークし、世界記録樹立。
In 1983, he set up the world record of stealing bases. (939 stolen bases)

生涯通算盗塁数は、1,065。
He has made stolen bases 1,065 times in his life.

盗塁=俊足だけでなく、打撃、守備でも、数々の記録を樹立。
Yes, he is the greatest runner.
But, he has made remarkable performance and records in batting and fielding, too.

でも、、、
売名には、全く興味がなく、数々のスゴイ賞なども、辞退されている。
そして、生き方、発言は、堅苦しさ等無く、ユーモアに満ちあふれている。
ほんとにスゴイ人は、偉そうにオレがオレがって言わなくても、ちゃんと周りが認めてくれる。
う〜ん、こういうのが、格好いい。
But…
He is not interested in self-advertisement.
He has refused big prizes, too.
And, the way he lives/thinks/talks is really relaxing and full of humor.
He is a really great person.
A truly great person does not say “I did this.” or “I did that.”
I really like this kind of person.

福本さんの数々の記録と武勇伝は、書ききれないので、ウィキペディアに委ねます。
この福本さんに関する記述、メチャクチャ深くて面白いですよ。
改めて、大ファンになりました。
ウィキペディア日本語版
I cannot list out what Fukumoto-san has done in his life.
I leave it to Wikipedia.
(Unfortunately, English Wikipedia is not showing much, compared with Japanese one.
But, anyway, I really have enjoyed reading what Fukumoto-san has done.)

***

福本さんラン
ウィキペディアを読んで、数多くの点で、感銘を受けました。
Reading Wikipedia, I am so impressed at many of his achievement.

先ず、福本さんが、これだけの記録を作りながら、つまり、これだけ動きながら、怪我をせずに、ずっとプレーをされていた点です。
動くと、それだけ、いろんなリスクが増えますからね。
First of all, I really like that he played for many years without injury, even he made so many remarkable plays.
Well… The more we make moves/plays, we have more risks, right?

盗塁をするには、先ず、出塁が必要。
出塁するには、打撃力が必要。
打席に立つには、先ず、レギュラーメンバーとして、試合に出ることが必要。
そのためには、守備力を含め、総合力が必要。
その基礎として、怪我をせずに、体調管理をしっかりすることが必要。
To steal bases, firstly, we need to get to a base.
To get to a base, we need to have a good hitting skill.
To be a hitter, we need to be in games, as a regular member.
To do that, we need to have general skill of baseball.
To do all these, we need to keep health in good condition.

こういうスゴイ方は、基礎をおろそかにしないのだと思います。
I believe this kind of great person really has solid fundamental base.

***

障害者野球
現役時代から、ボランティア活動にも注力されている。
Fukumoto-san has devoted himself in charity activity, too.

日本身体障害者野球連盟の名誉理事長
He is honorary chairman of Japan Handicapped People Baseball Association.

僕の甥っ子のリョウも、車椅子を使っています。
彼も、野球、テニス、車椅子レースに取り組んでいます。
ですので、この福本さんの取組は、ジ〜ンと来ます。
Ryo, my nephew, is using his wheel chair, too.
Ryo is also playing baseball, tennis and wheelchair race.
So, I am really touched by Fukmoto-san’s activity.

***

福本さんの本
福本さんに、聞いて頂きました。
Fukkumoto-san asked me.

「アメリカ横断って、何キロ走ったの?」
“What was the distance of your USA cross run?”

「5,000KMです。」
I said, “5,000KM.”

それをお聞きになられて、すごく喜んで頂きました。
With my answer, he looked really happy and satisfied.

あの少年のような笑顔。
He showed that smile again.

いや〜、世界一のランナー福本さんの琴線に少しでも触れたとしたら、これほど光栄なことはありません。
Well… If something has touched heart/passion of Fukumoto-san, the world’s greates runner, I am the happiest.

***

a
今回、このご縁を取り持って下さったのが、アッキーさん。(写真:右)
アッキーさん、本当にありがとうございました!
Akkey-san has introduced me to Fukumoto-san. (Photo : right)

アッキーさんについては、“コチラ”をお読み下さい。
About Akkey-san, please read “THIS.”

世界の福本さん
World’s famous Fukumoto-san

世界のアッキーさん
World’s famous Akkey-san

この世界のお二人と写真を撮らせて頂き、この上なく幸せです。
I cannot be happier with these two world famous gentlemen.

***

c
福本さんに頂いたサインです。
I have got Fukumoto-san’s autograph.

福本さんに出会ったお店“G. LOVE”の支配人の植田滋朗さんのサインも頂きました。
この方も、SUPER素晴らしい方です。
植田さんからも、今回、いろいろ勉強させて頂きました。
そして、素晴らしい店でした。
なぜ、アッキーさんが好いておられるのか、よく分かりました。
この店は、「ホンモノ」、ですね。
I met Fukumoto-san, at G. LOVE, a great baseball bar.
I have got Ueda-san’s autograph, too.
Ueda-san manages G. LOVE.
Ueda-san is also a SUPER great guy, and I have learnt to much from him, too.
I have loved this bar, too.
Now, I understand why Akkey-san loves this bar.
This bar has their own style.

そして、アッキーさんのサインも。
And, I have got Akkey-san’s autograph, too.

これは、僕が、アメリカそしてルート66を横断時にかぶっていた帽子です。
Their autographs are on my hat.
I ran across USA and Route 66, wearing this hat.

また、一生の思い出ができました。
This has become another great memory in my life.

そして、非常に勉強になりました。
And, I have learnt so much.

福本さん、本当にありがとうございました!
Fukumoto-san, thank you so much!

(追記)
福本さんは、僕の先輩でもあられます。
福本さんは、社会人野球時代、パナソニックでプレー。
僕も20年間お世話になった会社ですね。
(P.S.)
I used to work in the same company as Fukumoto-san’s.
He played baseball in Panasonic, too.
I used to work in this company for 20 years, too.


6 Comments

世界のアッキーさん – ルート66写真家 (World’s Famous Route 66 Photographer – Akkey-san)

スライド1
竹内章夫さん
AKIO TAKEUCHI-san

アッキーさん
AKKEY-san

世界的なルート66の写真家
World’s famous Route 66 photographer

大阪で、やっとお会いすることができました。
I could finally meet him in Osaka.

IMG_2280
THE MOTHER ROAD, THE NATIVE ROAD OF AMERICA (2001 JAN)

IMG_2281
THE TROPIC OF ROUTE 66 (2005 OCT)

IMG_2282
ROUTE 66 EVERLASTING HIGHWAY (2014 JUL)

IMG_2284

IMG_2286

IMG_2287
どの写真も温かく、添えられている言葉も深くて優しい。
All of his photos/words are full of warmth.

アッキーさんの写真集は、ルート66を走った時に、いろんな所で見てきました。
I have seen his photo books in many places, when I ran Route 66.

ギフトショップ、カフェ、ダイナー、モーテル、ビジターセンター、博物館、、、
At gift shops, cafes, diners, motels, visitor centers, museums…

IMG_2292
そして、アッキーさんご自身の写真も、いろんな場所で見ました。
And, I have seen Akkey-san in many places, too.

これが、最たる例。
This is the best example.

オクラホマ州クリントン市にある非常に大きなルート66ミュージアム
Route 66 Museum in Clinton, Oklahoma.

この写真は、ルート66の発展に貢献した人達のディスプレイ。
This is a display of people who devoted themselves for Route 66.

一番左上が、アッキーさん。
Akkey-san is on top/left of the display.

いや〜、すごい。
日本人で、ここに入る人は、いないでしょう。
I am sure he is the only Japanese in this display.

アメリカ横断時、2015年5月28日に、このミュージアムで、この写真を見た。
I saw this display, on 2015 May 28, when I was running across USA.

それとか、このウォールストリートジャーナル紙の記事
こんなのに、さりげなく登場されている。
Another example is this article of Wall Street Journal.

そんなアッキーさんに会えるなんて、思っても見なかった。
I had never thought I could meet him.

実際にお会いしましたが、全く偉ぶらないし、自慢しない。
その謙虚さに、より一層惹かれました。
Finally, I could see him in Osaka, but he is really humble.
He also does not show how great he is.
I have liked him more, because of his style.

やはり、すごい人は、偉そうにしないし、オレがオレがって、自慢しないんだ。
Well… A really great person is always a humble person.

IMG_2283
そして、今回、写真集に、サインを入れて頂きました。
I have got his autographs in his photo books.

IMG_2290
サイン入りの3冊の写真集は、僕のカフェの図書館に並んでいます。
Three of his autographed photo books are in the library of my cafe.

IMG_2289
僕の店に、アッキーさんのスピリットが入りました。
Now, my cafe has Akkey-san’s spirit.

run66
アッキーさんは、写真を通して、夢を追いかけている。
僕は、ランニングを通して、夢を追いかけている。
その二人の道が、ルート66上で交わった。
やはり、ルート66は、夢を追いかける人の道。
Akkey-san is chasing his dream, by taking photos.
I am chasing my dream, by running.
And, these two guys’ paths have crossed on Route 66.
Yes, Route 66 is the road of dreamers.

アッキーさんと僕、それぞれの夢を追って、走り続けます。
Akkey-san and I will keep on chasing our dreams.

待てよ、、、いつか、ルート66をランニングしている時に、アッキーさんに撮って頂く。
こりゃ、また新しい夢ができました!
Aha… Someday, I wanna run Route 66 again.
And, Akkey-san shoots me.
Well… This is a new dream of mine!

いや〜、生きるって、素晴らしいです!
Glad that I am alive!

P.S.1
実は、アメリカ横断中の2015年6月6日に、スカイプで、僕はアッキーさんにお会いしています。
その時の記事は、“コチラ”です。
When I ran across USA, on 2015 June 6, I met Akkey-san, by Skype.
THIS” is the article.

P.S.2
大阪ではあまりお話ができず、後日アッキーさんの地元まで追っかけました。
至福の時を過ごさせて頂きました。
アッキーさん、何から何まで、ありがとうございました!!!
I could not talk much with Akkey-san in Osaka.
So, I visited him in his hometown again.
I had really wonderful time with him.
“Akkey-san, thank you so much!!!”


2 Comments

アメリカ横断報告会@大阪(USA Cross Run – Briefing Session @ Osaka)

DSC_0076
As I had written, in Osaka, on MAR9(WED), I did a briefing session for my USA cross run.
Japan Barefoot Run Club (Osaka) kindly arranged this session.
Especially, I really appreciate Yoshino-sanMiyamoto-san, Yamamoto-san, Irie-san of this club.
予定通り、大阪で3月9日(水)に、アメリカ横断報告会をさせて頂きました。
日本裸足ランクラブ大阪支部の皆さんに主催を頂きました。
特に、同クラブの、吉野さん宮本さん、山元さん、入江さんには、感謝が尽きません。
皆さん、本当にありがとうございました。

30 people/friends joined this session.
30名もの方々に参加頂きました。

I have not been to Japan in the past four years.
So, this was a great chance to meet many of my friends.
日本は、4年ぶりでした。
会いたかった友達にも会え、うれしかったです。

***

DSC_0077
Two continent-crossers also joined this session.
お二人の大陸横断経験者も参加されていました。

Takashige-san (photo : right) has run across USA and Australia.
He also is trying to run across three other continents.
Let’s support him! (Click THIS.)
高繁さん(写真 : 右)は、北米、豪州の大陸横断者。
残りの3大陸横断にも取組中です。
みんなで彼をサポートしましょう!(コチラをクリック下さい。)

Namigoshi-san (photo : left) has run across EU.
浪越さん(写真 : 左)は、欧州横断完走者。

What an honor to meet these two great continents crossers.
お二人の偉大な大陸横断先輩にお会いできて、光栄でした。

***

IMG_20160310_171351
Also, another big guest has kindly joined this session.
そして、もう一人のビッグなゲストが。

Akio (Akkey) Takeuchi-san (photo : second right)
竹内章夫さん、通称アッキーさん(写真 : 右から二人目)

Akkey-san is the world well-known Route 66 photographer.
アッキーさんは、世界的に著名な、ルート66の写真家。

His photo books of Route 66 are loved by many people around the world.
He is also respected by lots of people on Route 66.
彼の写真集は、世界中の人々に愛されています。
アッキーさんも、ルート66上の非常に多くの人々に敬われています。

I have also known about him for many years.
His books are sold at many of shops on Route 66.
僕も、長年、アッキーさんのことは存じ上げていました。
アッキーさんの写真集は、ルート66上のいろんな店で見ました。

I had not met him, but I asked him to join this session.
And, he has kindly accepted his participation.
お会いしたことはなかったのですが、今回ご参加をお願いしました。
夢のようですが、実際にご参加下さりました。

What an honor…
光栄です。

***

ロゴ型抜き
And, this time, ROUTE 66 ASSOCIATION OF JAPAN has kindly become sponsorship organization for this session, too.
そして、今回、ルート66アソシエーションジャパンが、セッションに協賛下さいました。

I appreciate Toshi-san, President of this association, for his kind arrangements.
Toshi-san is the one, who has helped me to ask Akkey-san to join this session, too.
これは、同アソシエーション代表であるトシさんの計らいです。
そして、アッキーさんの参加が実現したのも、トシさんのおかげです。

尚、アッキーさんは、同アソシエーションのExecutive Advisorです。
Akkey-san is Executive Advisor of this association.

In this way, I believe many of people/friends have learnt about Route 66, too.
これで、多くの方々に、ルート66の魅力が届いたと思います。

***

DSC_0075
I really enjoyed beer, food, talk, laughter, friendship…
いや〜、楽しかったです。
ビール、お食事、お話、笑い、友情、、、全て堪能させて頂きました。

I really appreciate all of my friends.
やはり、友達、、、最もありがたいです。
皆さん、ご参加頂き、本当にありがとうございました!

P.S.1
I am a BIG fan of Route 66.
When I ran across USA, I ran entire Route 66.
And, after USA cross run, I have become an organizing member of Route 66 Association of Japan.
It is such an honor…
僕は、ルート66の大ファンです。
アメリカ横断時、ルート66の全行程を走りました。
ルート66全行程走破、アメリカ横断達成後、日本ルート66アソシエーションの運営メンバーに加えて頂きました。
光栄です。

P.S.2
THIS” is my presentation file. (in English)
こちら”が、当日使用したプレゼン資料です。(日本語)


2 Comments

We are CLOSED from MAR8(TUE) to MAR15(TUE)

Dear Customers and Friends,

We are CLOSED from MAR8(TUE) to MAR15(TUE).

Thank you very much.

Bonita Cafe and Social Club

P.S.
My mother (K’s mother) is Bonita’s CEC (Chief Executive Chef).
She lives in Japan, but she has been giving us direction for our cooking.
She has been a cooking teacher for 54 years.
I have been raised up by her, and watching her through my life.
This time, we visit Japan, and learn cooking from her.
Now, we are preparing a unique cooking book with her wisdom.
P1050972