Bonita Cafe and Social Club

Vegan Cafe in Bangkok / Thailand 100 Miles Run Club


2 Comments

Monthly Column for Route 66 Association Of Japan – RUNNING ACROSS USA “Chapter 1 : California”

0425ca
[This article is following “my last article.”]
[この記事は“前回記事”の続きです]

As planned, I have written my monthly column, about my USA Cross Run, for Route 66 Association of Japan.
予定通り、アメリカ横断ランニングに関しての、日本ルート66協会への月次寄稿を終えました。

This time, it is “Chapter 1 : California”.
今回は、「第一章:カルフォルニア」です。

For the article, please click “THIS“.
月次連載は、“コチラ”をクリック下さい。

P.S.
There is limitation of the space for this web monthly column.
On the other hand, I have finally started to write a book.
In the book, I will write more.
この月次寄稿では、字数制限がありますが、執筆中の本では、
更にいろんなことを書いて行きます。

K


1 Comment

最上級の褒め言葉 – クレイジーな野郎(The best praising words for me – Crazy Guy)

titlelogo_segoeuisemibold-_new
ROUTE 66 – CRUISING WITH TOSHIに僕自身のことを書いていただきました
I have been featured by ROUTE 66 – CRUISING WITH TOSHI !
(THIS is the article, but, sorry, this is in Japanese language.)

TOSHIさん
TOSHI

日本ルート66協会の会長です。
He is the chairman of Route 66 Association of Japan.

僕も同協会の委員です。
I am also one of the association’s management members.

この記事は、トシさんと僕との出会いについて書かれています。
In this article, TOSHI writes how we started to know each other.

出会いは、アメリカ横断ランニング(2015年)の準備をしていた2014年です。
「アメリカ横断時にルート66全行程を走破したい」という話をトシさんに打ち明けました。
「正気ですか?!」と大きく驚いてくださいました。
一瞬で意気投合し、その後、ルート66全行程走破、アメリカ横断成功後に、
僕を協会委員に抜擢してくださいました。
In 2015, I ran across USA.
One year before, in 2014, I was doing lots of preparation for my USA cross run.
I talked to TOSHI that I would like to run entire Route 66, when crossing USA.
“That is crazy!!!” – That’s what he said to me.
We immediately became friends.
After I had run entire Route 66 and had run across USA, he assigned me as one of the management members of his association.

ロゴ型抜き

今回の記事で、トシさんは、僕のことをこう呼んでくださっています。
In his article, he has called me “a beloved crazy guy.”

“愛すべきクレイジーな野郎”

これは、僕に取っては、最上級の賛辞です。
What an honor.
This is the most praising expression for me.

クレイジー、変わっている、個性的、自分のスタイルがある、、、
“You are crazy!”
“You are different.”
“You have your own style.”

別にそう言われるために、何かをしているのでは無いです。
でも、こういう表現をされると、とてもうれしくなります。
特に、クレイジーな人にこう言われるのが、最高の瞬間です。
These are the best compliments for me.
I am not trying to do something special, because I want to be called “crazy.”
But, these words make me happy.
Especially, when some crazy person give me these words, I feel the happiest.

***

僕が初めてアメリカに触れたのは、10歳前後。
本とテレビで見たアメリカ。
When I was around 10 years old, I first time touched America in books and TV.

印象は、
My impression was…

でかい。
BIG

そして、アホなことをする大人が多い。
And, so many people doing something crazy!

でした。

20歳の時に初めて行ったアメリカ。
確かに、でかく、アホな人が多かった。
When I became 20, I went to America for the first time.
Yes, America was (is) BIG, and I saw(see) many crazy people there.

僕の出身地の大阪も、アホな人をする人が多い土壌。
I am from Osaka, Japan, and there are many crazy people there, too.

ここで言うアホというのは、クレイジーという意味です。

その後、自分も年を重ね、逆に、クレイジーなアメリカ人達に
チラホラと“You are Crazy!”と言われる様になった。
うれしかった。
Gradually, when I have got older, some crazy American people have started to call me crazy.
I am quite honored for that.

そして、今、アメリカをアシで横断して、多くの人達に、CRAZY!と言っていただくようになった。
Then, after completing running across USA, now, many people call me crazy.

それだけでも、アメリカを走って横断してよかったなと思っています。
I am so grateful that I could complete running across USA.

類は友を呼ぶ。
Birds of a feather flock together.

僕のまわり、ランニングクラブ、ヴィーガンカフェで、より多くのクレイジーな人達に会うようになりました。
In my life, in my running club, at my vegan cafe, I have started to meet lots of crazy friends.

この人達に共通しているのは、“若さ(年齢でない)”、“クレイジーさ”、“独自性”と“寛容性(開いている)”、“優しさ”、“明るさ”、“柔らかさ”、そして、“強さ”と“勇気”を持っていることだと思います。
年齢、性別、国籍等は、全く関係ないと思います。
What they have in common are…
“Youngness”(not age)
“Craziness”
“Originality” and “Generosity and openness to others”
“Gentleness”
“Brightness”
“Flexibility”
“Toughness” and “Courage”

Age, gender and nationality are not important.

特に、アメリカの古き良き伝統を残しているルート66では、このような人達をたくさん見ました。
僕がルート66に惹かれるのは、この点も大きいです。
Especially, I have seen lots of these crazy and unique people on Route 66, where they still keep their originality.
That is why I am attracted by Route 66.

0719ca001

この写真は、アメリカ横断成功の1週間後、2015年7月19日に、カリフォルニア州のマンハッタンビーチで、トシさんに実際に初めてお会いした時のものです。(その時の記事は、コチラをクリック下さい)
This is a photo of TOSHI and myself, with my wife.
I could finally met him, at Manhattan Beach, California.
This was one week after I had finished running across USA.
(This is  my article, written about our first meeting.)

次回トシさんにお会いした時に、こう言われるようになっていたいです。
When I meet Toshi-san next time, what I want to hear from him is…

“相変わらず、アホなことしてますね〜”
“K-san, you are still crazy.”

 

 

 

 

 


2 Comments

We have many more VIBRAM FIVEFINGER MINIMALIST SHOES!!!

img_4229
Many more pairs of VIBRAM FIVEFINGER MINIMALIST SHOES have just arrived!!!
たくさんのビブラムファイブフィンガーシューズが入荷されました!

We are selling VIBRAM FIVEFINGERS, at very low price, with the best advice, knowledge and experience in Thailand.
私達の店では、このシューズを、安く、そして、最も的確なアドバイスと共に販売しています。

I was wearing VIBRAM FIVEFINGERS, when I was running across USA, too.
僕はアメリカ横断ランの時に、このシューズを履いて走りました。

I do love and know these minimalist shoes.
僕はこのシューズが大好きで、熟知しています。

Come and try these most comfortable and natural shoes in the world!
世界最高のミニマリストシューズ、是非お試しください!

DCIM102GOPRO

2015 APR 29, California, Route 66

0502ca08005

2015 May 2, Arizona, Route 66

0511nm17003

2015 MAY 11, New Mexico, Route 66


3 Comments

New Monthly Column for Route 66 Association of Japan(日本ルート66協会での新連載)

0430ca06019-run-route-66

California, 2015 APR 30 (photo by M.A.S.A.) 

It is truly an honor!!!
光栄です。

I have started to write my monthly column for Route 66 Association of Japan.
日本ルート66協会のウェブサイトで、月次連載を始めさせていただきます。

Starting from this month, November, 2016, once a month, for one year, I will publish my article.
今月11月から、毎月一回、1年間に渡り、連載を書いて行きます。

It is about my/our USA cross run, which I/we made in 2015.
When I was running across USA, I ran entire Route 66.
内容は、昨年2015年にしましたアメリカ横断ランニングです。
アメリカ横断時に、僕は、ルート66の全行程を走りました。

Many of my friends will be in this article, too.
数多くの友人も、この連載に登場する予定です。

Hope you will like it!

For reading the column, please click THIS.
では、11月分は、こちらをクリック願います。

K, a management member of Route 66 Association of Japan
K(日本ルート66協会委員

 


4 Comments

VIDEO! – Our Vegan Teriyaki Burger

スライド1

Video can say so well……….
ビデオの力はスゴイ。

THIS VIDEO” explains our Bonita Vegan Teriyaki Burger so well.
このビデオ”、僕達のヴィーガン照焼バーガーについて全部語ってくれます。

BANGKOK FATTY, we thank you SOOOOO much!!!!!!!
BANGKOK FATTY、ありがとう!!!

P.S.
THIS” is our past article about this burger.
コチラ”は、僕らが過去に書いたバーガーの記事です。


4 Comments

KRUNGTHEP MAGAZINE / นิตยสาร กรุงเทพ / クルンテープ誌 (USA CROSS RUN)

クルンテープ誌(タイ国日本人会発行)に、アメリカ横断について寄稿させて頂きました。
日本人会事務局の皆様には、非常に良くして頂き、感謝が尽きません。
この機会を頂きまして、本当にありがとうございました。
I have written an article about my USA cross run for KRUNGTHEP MAGAZINE. (issued by Japanese Association in Thailand)
I have got so much encouragement and support from the Association’s team members.
It is really an honor to have this chance. Thank you very much.
For English translation, please click “THIS.”
ผมได้เขียนบทความเกี่ยวกับการวิ่งข้ามอเมริกาลงในนิตยสาร กรุงเทพ (พิมพ์โดย สมาคมชาวญี่ปุ่นแห่งประเทศไทย)
รู้สึกเป็นเกีจรติอย่างสูงที่ได้รับโอกาสนี้สำหรับฉบับแปลเป็นภาษาไทย สามารถ คลิก”ที่นี้“ครับ
(I appreciate Rangsarn-san and Berry-san for Thai translation support, with their friendship, passion and love.)
Krungtep Magazine Cover

スライド1
スライド2
スライド3
出典:タイ国日本人会 会報誌 クルンテープより

 


6 Comments

世界のアッキーさん – ルート66写真家 (World’s Famous Route 66 Photographer – Akkey-san)

スライド1
竹内章夫さん
AKIO TAKEUCHI-san

アッキーさん
AKKEY-san

世界的なルート66の写真家
World’s famous Route 66 photographer

大阪で、やっとお会いすることができました。
I could finally meet him in Osaka.

IMG_2280
THE MOTHER ROAD, THE NATIVE ROAD OF AMERICA (2001 JAN)

IMG_2281
THE TROPIC OF ROUTE 66 (2005 OCT)

IMG_2282
ROUTE 66 EVERLASTING HIGHWAY (2014 JUL)

IMG_2284

IMG_2286

IMG_2287
どの写真も温かく、添えられている言葉も深くて優しい。
All of his photos/words are full of warmth.

アッキーさんの写真集は、ルート66を走った時に、いろんな所で見てきました。
I have seen his photo books in many places, when I ran Route 66.

ギフトショップ、カフェ、ダイナー、モーテル、ビジターセンター、博物館、、、
At gift shops, cafes, diners, motels, visitor centers, museums…

IMG_2292
そして、アッキーさんご自身の写真も、いろんな場所で見ました。
And, I have seen Akkey-san in many places, too.

これが、最たる例。
This is the best example.

オクラホマ州クリントン市にある非常に大きなルート66ミュージアム
Route 66 Museum in Clinton, Oklahoma.

この写真は、ルート66の発展に貢献した人達のディスプレイ。
This is a display of people who devoted themselves for Route 66.

一番左上が、アッキーさん。
Akkey-san is on top/left of the display.

いや〜、すごい。
日本人で、ここに入る人は、いないでしょう。
I am sure he is the only Japanese in this display.

アメリカ横断時、2015年5月28日に、このミュージアムで、この写真を見た。
I saw this display, on 2015 May 28, when I was running across USA.

それとか、このウォールストリートジャーナル紙の記事
こんなのに、さりげなく登場されている。
Another example is this article of Wall Street Journal.

そんなアッキーさんに会えるなんて、思っても見なかった。
I had never thought I could meet him.

実際にお会いしましたが、全く偉ぶらないし、自慢しない。
その謙虚さに、より一層惹かれました。
Finally, I could see him in Osaka, but he is really humble.
He also does not show how great he is.
I have liked him more, because of his style.

やはり、すごい人は、偉そうにしないし、オレがオレがって、自慢しないんだ。
Well… A really great person is always a humble person.

IMG_2283
そして、今回、写真集に、サインを入れて頂きました。
I have got his autographs in his photo books.

IMG_2290
サイン入りの3冊の写真集は、僕のカフェの図書館に並んでいます。
Three of his autographed photo books are in the library of my cafe.

IMG_2289
僕の店に、アッキーさんのスピリットが入りました。
Now, my cafe has Akkey-san’s spirit.

run66
アッキーさんは、写真を通して、夢を追いかけている。
僕は、ランニングを通して、夢を追いかけている。
その二人の道が、ルート66上で交わった。
やはり、ルート66は、夢を追いかける人の道。
Akkey-san is chasing his dream, by taking photos.
I am chasing my dream, by running.
And, these two guys’ paths have crossed on Route 66.
Yes, Route 66 is the road of dreamers.

アッキーさんと僕、それぞれの夢を追って、走り続けます。
Akkey-san and I will keep on chasing our dreams.

待てよ、、、いつか、ルート66をランニングしている時に、アッキーさんに撮って頂く。
こりゃ、また新しい夢ができました!
Aha… Someday, I wanna run Route 66 again.
And, Akkey-san shoots me.
Well… This is a new dream of mine!

いや〜、生きるって、素晴らしいです!
Glad that I am alive!

P.S.1
実は、アメリカ横断中の2015年6月6日に、スカイプで、僕はアッキーさんにお会いしています。
その時の記事は、“コチラ”です。
When I ran across USA, on 2015 June 6, I met Akkey-san, by Skype.
THIS” is the article.

P.S.2
大阪ではあまりお話ができず、後日アッキーさんの地元まで追っかけました。
至福の時を過ごさせて頂きました。
アッキーさん、何から何まで、ありがとうございました!!!
I could not talk much with Akkey-san in Osaka.
So, I visited him in his hometown again.
I had really wonderful time with him.
“Akkey-san, thank you so much!!!”