Bonita Cafe and Social Club

Vegan Cafe in Bangkok / Thailand 100 Miles Run Club

最上級の褒め言葉 – クレイジーな野郎(The best praising words for me – Crazy Guy)

1 Comment

titlelogo_segoeuisemibold-_new
ROUTE 66 – CRUISING WITH TOSHIに僕自身のことを書いていただきました
I have been featured by ROUTE 66 – CRUISING WITH TOSHI !
(THIS is the article, but, sorry, this is in Japanese language.)

TOSHIさん
TOSHI

日本ルート66協会の会長です。
He is the chairman of Route 66 Association of Japan.

僕も同協会の委員です。
I am also one of the association’s management members.

この記事は、トシさんと僕との出会いについて書かれています。
In this article, TOSHI writes how we started to know each other.

出会いは、アメリカ横断ランニング(2015年)の準備をしていた2014年です。
「アメリカ横断時にルート66全行程を走破したい」という話をトシさんに打ち明けました。
「正気ですか?!」と大きく驚いてくださいました。
一瞬で意気投合し、その後、ルート66全行程走破、アメリカ横断成功後に、
僕を協会委員に抜擢してくださいました。
In 2015, I ran across USA.
One year before, in 2014, I was doing lots of preparation for my USA cross run.
I talked to TOSHI that I would like to run entire Route 66, when crossing USA.
“That is crazy!!!” – That’s what he said to me.
We immediately became friends.
After I had run entire Route 66 and had run across USA, he assigned me as one of the management members of his association.

ロゴ型抜き

今回の記事で、トシさんは、僕のことをこう呼んでくださっています。
In his article, he has called me “a beloved crazy guy.”

“愛すべきクレイジーな野郎”

これは、僕に取っては、最上級の賛辞です。
What an honor.
This is the most praising expression for me.

クレイジー、変わっている、個性的、自分のスタイルがある、、、
“You are crazy!”
“You are different.”
“You have your own style.”

別にそう言われるために、何かをしているのでは無いです。
でも、こういう表現をされると、とてもうれしくなります。
特に、クレイジーな人にこう言われるのが、最高の瞬間です。
These are the best compliments for me.
I am not trying to do something special, because I want to be called “crazy.”
But, these words make me happy.
Especially, when some crazy person give me these words, I feel the happiest.

***

僕が初めてアメリカに触れたのは、10歳前後。
本とテレビで見たアメリカ。
When I was around 10 years old, I first time touched America in books and TV.

印象は、
My impression was…

でかい。
BIG

そして、アホなことをする大人が多い。
And, so many people doing something crazy!

でした。

20歳の時に初めて行ったアメリカ。
確かに、でかく、アホな人が多かった。
When I became 20, I went to America for the first time.
Yes, America was (is) BIG, and I saw(see) many crazy people there.

僕の出身地の大阪も、アホな人をする人が多い土壌。
I am from Osaka, Japan, and there are many crazy people there, too.

ここで言うアホというのは、クレイジーという意味です。

その後、自分も年を重ね、逆に、クレイジーなアメリカ人達に
チラホラと“You are Crazy!”と言われる様になった。
うれしかった。
Gradually, when I have got older, some crazy American people have started to call me crazy.
I am quite honored for that.

そして、今、アメリカをアシで横断して、多くの人達に、CRAZY!と言っていただくようになった。
Then, after completing running across USA, now, many people call me crazy.

それだけでも、アメリカを走って横断してよかったなと思っています。
I am so grateful that I could complete running across USA.

類は友を呼ぶ。
Birds of a feather flock together.

僕のまわり、ランニングクラブ、ヴィーガンカフェで、より多くのクレイジーな人達に会うようになりました。
In my life, in my running club, at my vegan cafe, I have started to meet lots of crazy friends.

この人達に共通しているのは、“若さ(年齢でない)”、“クレイジーさ”、“独自性”と“寛容性(開いている)”、“優しさ”、“明るさ”、“柔らかさ”、そして、“強さ”と“勇気”を持っていることだと思います。
年齢、性別、国籍等は、全く関係ないと思います。
What they have in common are…
“Youngness”(not age)
“Craziness”
“Originality” and “Generosity and openness to others”
“Gentleness”
“Brightness”
“Flexibility”
“Toughness” and “Courage”

Age, gender and nationality are not important.

特に、アメリカの古き良き伝統を残しているルート66では、このような人達をたくさん見ました。
僕がルート66に惹かれるのは、この点も大きいです。
Especially, I have seen lots of these crazy and unique people on Route 66, where they still keep their originality.
That is why I am attracted by Route 66.

0719ca001

この写真は、アメリカ横断成功の1週間後、2015年7月19日に、カリフォルニア州のマンハッタンビーチで、トシさんに実際に初めてお会いした時のものです。(その時の記事は、コチラをクリック下さい)
This is a photo of TOSHI and myself, with my wife.
I could finally met him, at Manhattan Beach, California.
This was one week after I had finished running across USA.
(This is  my article, written about our first meeting.)

次回トシさんにお会いした時に、こう言われるようになっていたいです。
When I meet Toshi-san next time, what I want to hear from him is…

“相変わらず、アホなことしてますね〜”
“K-san, you are still crazy.”

 

 

 

 

 

Advertisements

Author: K

Hi! I am K, a Japanese, living in Thailand. I am a vegan runner, and I own a very small vegan cafe, Bonita Cafe and Social Club, in Bangkok, Thailand. In 2015, I ran across USA, 5,030KM, in 79 days, from April 25 to July 12, thanks to all of my friends and sponsorship companies.

One thought on “最上級の褒め言葉 – クレイジーな野郎(The best praising words for me – Crazy Guy)

  1. Haha! That was my first thought K-san, he’s crazy but has the long distance training and can mentally do it but will his body be able to take the punishment. 🙂

    Like

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s